住みやすい環境を作る

狭小住宅も施工の工夫次第でスペースの有効活用ができる

狭小住宅は一般には住みにくい家と言われています。収納が足りなくて物を片付けるのが大変であったり、窓が小さくて日当たりが悪いといった問題、間取りが狭いので家事などの動線も確保されず、動きにくいといった問題が指摘されがちです。 しかし狭小住宅も上手にリフォームを行う工夫によって、住みやすい居住空間を実現することができます。狭小住宅では上下のスペースをうまく活かすのが、快適空間の実現のポイントです。例えば前述の採光の悪さも、上下に細長い窓を採用することで、採光性を目一杯高めることができます。 水回りについても工夫ができ、一箇所にトイレや洗面所、バスをまとめることでスペースを有効活用できます。このように狭小住宅であってもリフォームで問題を解決できます。

プチリフォームによる小規模な改修が現在のトレンド

大規模な増築や改修を行ったり、外壁を全部塗り替えたりといった施工ばかりがリフォームではありません。最近のトレンドとなっているプチリフォームのように、限られた箇所のみに手を入れるリフォームもまた住宅を上手に活用するため良い手段です。 プチリフォームには様々なものがあります。例えば壁紙を変えて気分転換をしたいと考えた場合に、行うクロス交換もその一端です。費用的にも内装業者などに10万円以下で頼むことが可能で、手軽に行えるリフォームの1つとして人気があります。 また網戸の交換やドアノブの交換などもやはり手軽にできる施工となります。手すりを設置したり、照明器具をLEDにしたりといったプチリフォームも最近ではよく行われています。