毎日の手入れ

自分で出来る換気扇の掃除方法

換気扇といえば、高い場所にあって掃除をするのが面倒ですね。しかし、放っておくと気付かないうちに油汚れやホコリが付着してかなりとれにくくなってしまいます。 こびりついてしまった換気扇の汚れは、この際しっかり掃除してしまいましょう。換気扇掃除のコツと手順をご紹介します。 まずはファン、フィルターなど汚れた部品を外してシンクに並べます。おおまかな汚れを歯ブラシや割り箸などでこそげ落としてから、全体に満遍なくレンジ用洗剤をスプレーして数分おくと汚れが浮いて来ますので、古い布などで拭き取ります。汚れが落ちたら、最後に水洗いをしてよく乾かしましょう。 フードなどの外せない所は、直接洗剤をスプレーすると目に入ったり下に落ちたりしてしまうので、布にスプレーして汚れを拭き取り、最後に水拭きをします。 普段なかなか出来ない換気扇の掃除ですが、定期的にきれいにしておきたいものですね。

換気扇掃除で工夫するポイント

キッチンの換気扇は、汚れが溜まり易い部分です。また日頃からあまり掃除を行わず、ある程度汚れてから掃除をするという場合は、汚れがなかなか落ちずに苦労することがあります。したがって換気扇の掃除におけるポイントは、定期的に取り組むことが何よりも大切だと言えます。2週間に1回、3週間に1回という頻度で換気扇の掃除を行うのです。 2週や3週に1回程度の頻度で換気扇の掃除を行っておけば、汚れを落とし辛いという面倒な状況を避けることが可能となります。またこのペースで換気扇の掃除を行っていれば、汚れがそれ程蓄積していないため、数分程度で終わらせることもできます。ですから定期的に換気扇を掃除しておくという方法が、簡単で効果的な工夫となるのです。